タイムテーブル発表
プロフィール追加
 


12:00 開場
フリーマーケット&屋台オープン)

※各出演時間は前後する場合があります。ご了承下さい。



12:30〜12:55 相沢たすく 

中学生の頃クラシック音楽と出会い、時間という時間を音楽と共に過ごす人生が始まる。
20歳の時、千葉県柏の路上で歌いはじめる。
翌年「ロックンロールの父」チャック・ベリーのライブに衝撃を受け、
日本人である自分にしかできない音楽をやりたい、と思うようになる。
風土に根差した、体に心地いい歌を信条に、居酒屋からショッピングモール、
子供からお年寄りまで、あらゆる境界線を飛び越えながら活動中。
 

 

13:00〜13:25 根本延浩

1980年11月○×日(坂本龍馬の誕生日)に神奈川県川崎市に生まれる。
小学生の頃、菅野よう子のオーケストラ音楽やヒーリング音楽が好きになる。
中学生の頃、ボブ・ディランに大きな衝撃を受けてギターを弾きはじめる。
高校生の頃、夜に新宿の路上で歌いながら作詞作曲をするようになる。
東海大学政治経済学部の政治学科に入学する。
東京福祉商経専門学校の夜間部でホームヘルパー2級の認定を取得する。
国際交流・自然保護・社会福祉などの市民活動に参加するようになる。
沖縄の三味線(三線)を弾きはじめる。
あたたかい楽しい音楽ユニット「ひだまり散歩団」と演奏するようになる。
現在、福祉関係の仕事をしながら市民活動・音楽活動を積極的に行っている。
川崎の沖縄料理屋ゆんたくにて、ノルマなしのイベントを主催。
 

 

13:30〜13:55 マジマロ♪

北海道出身。
父の民謡を子守り唄に育つ。
1999年より都内ライブハウスを中心に活動中。
まれに歌中に小節が入ることがあるらしいが、
本人にあまり自覚はないらしい。
先月オールナイトニッポンゴールドで曲が流れた。
叙情派を唄い継ぐ平成のスナフキン。
 

 

14:00〜14:25 MINAMI + 中内計

1988年5月より新宿のアルタ横ガード下で歌い始める。
2005年で17年。(あっと言う間で本人も驚愕してます(笑)ひええ・・・)
たまに見かけなくなることもありますが基本的にまだまだ現役。
ライブハウスはキーボードの中内 計とともに「MINAMI+中内計」のユニット名で活動。
路上は一人です。(年に2回ぐらいは中内もパーカスもってきてジャムってるコトもある。
それ見られたらラッキー(笑))
 

 

14:30〜14:55 たがみひろやす(from 大阪)

「明日は明日の風が吹くって言うけど、
それはきっと前を向いて真っ直ぐ歩いているやつだけに吹くんだろう」。
数々のバンドを経て、いまだ衰えず進化し続けるシンガーソングライター。
現在ソロで活動中。今回はギターに小川洋一郎を迎え大阪より参加。
 

 

15:00〜15:25 MOTEL

シンガーソングライターの須藤もんと対馬照が結成した平成めおとフォークデュオ。
2007年から、車で寝泊りしながらのツアーなど本格的に活動を開始する。
2人のオリジナル曲を中心に、昭和歌謡のカバーなどを2本のアコースティックギターで奏で唄う。
2010年7月、MOTELの1stアルバム「檸月」を発表。
 

 

15:30〜15:55 さとうもとき

1968年4月北海道室蘭生まれ。
日常の様々を、自分を曝け出し、ストレートな言葉で唄う、
いつでも 直球勝負!全力投球!!の熱い男。
「あきらめない!」に賛同する同世代を中心に幅広く人気を集めている。
2006年 フジテレビ「ザ・ノンフィクション」のテーマ曲に楽曲が使われる。
2008年 再びフジテレビ「ザ・ノンフィクション」の挿入歌になる。
地元北海道文化放送「のりゆきのトークで北海道」のエンディング曲に抜擢。
フォークジャンボリー岩見沢(出演:南こうせつ、イルカ等)のオープニングアクトアンコールで話題になる。
2009年より“流し”の歌手としての活動開始。
赤坂、恵比寿界隈で話題になりはじめている。
 

 

16:00〜16:25 トイメンシャオ

1993年、中村十兵衛(作詞作曲、ボーカル、ギター、マンドリン、ブズーキ)、と 
原さとし(バンジョー、ボーカル)で結成し活動開始する。
様々なテーマを題材に十兵衛の最新のオリジナル楽曲を
常に108曲(煩悩の数)レパートリーとして活動する。
演奏スタイルは十兵衛の歌詞によりインスパイヤされる背景を
原がバンジョーの即興的なアプローチで自在に変化させ展開していく。
2007年中村十兵衛がガンで逝去し活動停止。
2010年原が十兵衛の意思を告ぎ活動再開。
新たに竹内信次(フラット・マンドリン)と共に新生トイメンシャオとして活動開始する。
 

 

16:30〜16:55 きんばらしげゆき

弾き語り(過ぎ)シンガーソングライター。
ハードロックをこよなく愛するフォークシンガー。
真面目な歌と不真面目なMC(笑)

1967年3月2日蒲郡市(愛知県)にて産声を上げる。
'96年、Citta' Recordingsよりアルバム『まほろば』を発表。
以後、2枚のライブ・アルバム(自主制作)もリリースしている。
'05年、orizzonte recordsより日本愛妻家協会テーマソング『あがつまはや』(MAXI)発表。
「愛・地球博」(瀬戸会場:市民パビリオン)等で発売記念イベントを行う。
'08年、久々のマキシシングル『幸多かれと』(自主制作MAXI)発表。
懐メロ・トリビュート楽団“黄金果酒(ゴールデンフルーツカクテル)”の一員としても活動。
現在もギター弾き語りを中心に、様々なミュージシャン、バンドとのコラボレーションや
セッション(アコギ、コーラス、ハーモニカ)も重ねつつ(最近ではさとうもときのレコーディングに参加)、
都内ライブハウス、ライブバーを中心に、全国津々浦々に出没中。

◆主なリリース作品◆
『まほろば』(Album)(Citta' Recordings)
『エ・ベ・バ・デ T』(LIVE)(jandararin records)
『エ・ベ・バ・デ U』(LIVE)(jandararin records)
『あがつまはや』〜日本愛妻家協会テーマソング〜(MAXI)(orizzonte records)
『幸多かれと』(MAXI)(jandararin records)
 

 

17:00〜17:25 石井明夫

1965年、東京中野区生まれ、水瓶座、B型。
20代、自由なスタイルを求め弾き語り&バンドを始動。
30代、更なる解放を求め躍進。
40代、好きなように活動している。

 


17:30〜17:55 kouhei


鹿児島出身。
2003年、フォーク酒場 「落陽」マスター四元氏に出会う。
それまで勤めたホテルでの洋食調理を辞め、音楽を始める。
2009年、ファーストアルバム「ラストメール」発表。
つま恋「ap bank 2009」のkoti market liveに出演。
ギターサポートに中川イサト氏が参加くださる。
現在、活動範囲を地方などにも広げ、ライブ、ラジオ等、精力的に活動する。
 

 

18:00〜18:25 佐渡山 豊(from 沖縄)

沖縄、コザ(現沖縄市)生。
1995年「ドゥチュイムニー」が泡盛(菊の露酒造)のCMに起用され大きな話題となる。
1997年、アルバム「さよならおきなわ」を発表。
建築設計の仕事の傍ら、音楽活動を展開。
関西、関東はじめ四国や北海道など全国各地で精力的にライヴをおこない、
2004年5月にはNYPEACEツアーを成功させ、初のDVD、
新CD「HIRIHIRI」をリリース。着実に活動の幅を拡げている。
 

 

18:30〜18:55 井上ともやす

15歳の時に吉田拓郎に影響をうけギターを始める。
これまで数多くのライブハウス等で活動を行い、
毎年秋、上野の水上音楽堂での「アコーステックボイス」を主催。
フォーク、ロック、ブルーグラス、沖縄音楽を融合させた独自の音楽を展開している。
ソロ活動の他、日本語ブルーグラスバンド「チーフ井上とフォークゲリラボーイズ」
超娯楽系沖縄ポップスユニット「わらぶー」でも活躍している。
ソングライターとして沖縄ミュージシャンへの楽曲の提供や
石野真子さんのアルバムへ「サンキューソング」を提供。
NHK「きよしとこの夜」でON AIR。
拓郎のトリビュートライブも人気でソロやバンドスタイルで
各地のイベント等で演奏。オリジナルの熱いメッセージソングで
芝居とのピースコラボや平和のイベントでも歌っています。
2010年9月30日に初のフルアルバムとなる「平和の詩が聞こえる」リリース。


 

18:55〜フィナーレ

 


 



●入場時にパンフレットアンケートをお受け取り下さい。

フリーマーケット出店(お酒、ソフトドリンク、おつまみなど)を御利用下さい。
各アーティストの物販コーナー(各グッズ、CDなど)もあります。

●『アコースティックボイス』は皆様からのカンパで成り立っています。
ほんのお気持ちでけっこうですんで御協力をお願いします。

●みんなで協力してゴミの分別を心がけましょう。

お時間の許すかぎり、ゆ〜っくりと楽しんでいって下さいませ!
(アコボ出演者&スタッフ一同)


 


 


 

 

 

 

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー